読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川越氷川神社の近くにある美容室 merry gate 

川越氷川神社から徒歩1分の場所にある美容室merrygateです。今までの常識にとらわれずに自分自身で実践、改善し進化をしていきます。

男性客に多い悩み。「短くしたくないけど、整える程度切って軽くしてください」→結果、短すぎる(泣) (川越 本川越 美容院 メンズ 美容室 merrygate 氷川神社)

f:id:kenthug:20150424174210j:plain

男の子のお子さん(中学生)をお持ちの方で

「髪を切りに行きたがらない」

とお悩みの方がいました。

野球部を引退して坊主を伸ばしだし

何度か安いところで切ったりはしていたようですが

「いつも短くなってしまうから切りたくない」

と言って切りに行きたがらないということです。

さすがに伸びすぎてむさっ苦しいから僕にやってもらえないか

と、お母さんから相談されました。

もちろん喜んでやらせていただきますっ!

なんですが、年頃の男の子です

行けと言えば嫌がるでしょうから

まず、お母さんにこのように伝えてもらいました。

『髪の長さを切らなくても軽くすることは出来る』

『いかにも、今髪を切ってきました!という感じにはならない』

お話を聞くとこの部分を一番気にしているようでした。

 

僕もそんな時期があったのでよくわかるんです!

でも美容師になって髪を切れるようになるまで

なぜそうなってしまうのかがわかりませんでした。

 

美容師になってアシスタントレベルやスタイリストなり立てレベルでは

「なぜ短くしたくないのに短くなってしまうのか」が、わからなかったのです!

ですから、中学生や高校生では

自分でもどう伝えたらいいかがわからないんですよね。

 

ちなみにアシスタントレベルやスタイリストなり立てレベルでも

わかっている人はもちろんいると思います。

でもこのように

「なぜ短くしたくないのに短くなってしまうのか」

と悩んでいる人はいまだに多いと感じます。

 

その男の子、何日か後にご来店いただき

もちろん大満足で帰っていただきました。

その後も親子でご来店いただいています。

 

そしてまた、今回もビフォアアフターの写真はありません^^;

 

このような悩み

「短くしたくないけど、整える程度切って軽くしてください」→結果、短すぎる(泣)

もちろん女性でも当てはまります。

どんな人に多いかというと

男女共に、毛量が多い、髪が硬い、髪が太い、根元の立ち上がりが強い

といった方に多い悩みだと感じます。

 

で、どうやって切ったの?

ってなります?

ならないかな^^;

それは気が向いたら書きますね!

 

もしも同じようにお悩みの方がいましたら

是非僕にご相談ください^^

 

merrygate

松本健作

 

 

kenthug.hatenablog.com

 

 

僕のことをご存知の方は
もちろん直接ご連絡いただいても構いません。
まだ知らないよ。という方やご興味のある方

分からない事などありましたらfacebook  や

LINE@でもお受けいたします。

もちろんご予約も可能です!

友だち追加

※ LINE@でご予約をされる場合は、まず「友達追加」をしてくださいね。
お名前、ご希望日、時間、予定されているmenu
上記内容を添えてご連絡いただけるとスムーズです。
24時間いつでもご連絡していただいて大丈夫です^^
 
川越 美容師
松本健作

f:id:kenthug:20160129074612j:plain

プロフィール

川越の氷川神社の近くで
美容室を開業する予定です。
今のうちから僕がどんな美容師か
知っておいて頂けますと嬉しいです。
また、僕がどのような考えで美容師として
あなたに様々なご提案や施術を
行っていくのかを知っていることで
安心してお店にいらして頂けると思いブログを書かせて頂きます。

経歴
埼玉、東京都内の美容室に勤務
現在店長
関東、札幌に計12店舗の主にマーケティングに従事し
イベント企画運営、スタッフの教育を担当

H10年カットコンテスト最優秀賞
H17年グローバルビューティコンテスト埼玉大会準優勝
H21年店長就任後売り上げを伸ばし続け、現在に至る。

頭皮マッサージのような病みつきになるシャンプーと
持続性が高く、どんな癖毛もしなやかで
指通りの良くなるブローが人気で

シャンプーブローのお客様を多く持ち、支持を得る。

スタイリングが楽でまとまりやすいカット
発色、色持ちのいいカラー
家に帰っても再現性の高いパーマ
より自然で理想のストレートパーマ

常にダメージレスでデザイン性の高い

あなたの個性に合ったスタイルを考え
提案し続けている。